このページではJavaScriptを使用しています。

創業95年の信用とネット通販19年の実績 さのや

ブログ記事詳細

投稿日:2019年08月26日

スパイダーバースからマインドハンター・シーズン2

最近これは最高ですという映画やドラマの当たりがなく(配信中心ですが・・)特にドラマはブラックミラーの最新版に何か古さを感じ。世の中がドラマシリーズを超えてしまった感を強く持ったりして残念感が強かった。映画でもアニメではありますが「スパイダーマン・スパイダーバース」以来、どーも当たりがありません。

IMG_0042 IMG_0043

ドラマではデビット・フィンチャーとシャリーズ・セロンがプロデューサーに名を連ねる「マインドハンター」というFBIの行動科学課の黎明期を描いたドラマのシーズン2がこの8月に配信となりました。

IMG_0044

プロデューサーだけではなく演出もデビット・フィンチャーが何本かやってるのですが(Season1:第1話、2話、9話、10話 Season2:第1話、2話、3話)・・だから見せ方もうまいのですが、すべて実際にあった事件やシリアルキラーの話なので、未解決やなかなか捕まらない犯人も多く、2シーズンまたいで描かれながら、まだ捕まっていない犯人もいます。そこがストレスと言えばストレス。予定調和的結末はありません。ただそこが駄目でなければ、じっくりと話は進み、見応えはあります。しかし万人受けではないので、メチャ面白いとは言えません。ああ、もやもやする。ちなみにクエンティン・タランティーノの新作「ワンスアポン・・・」でもシャロン・テート事件を起こしたマンソン・ファミリーのチャールズ・マンソンが出てくるようですが、「マインドハンター」でもチャールズ・マンソンが登場します。そしてこの2つの映画とドラマでチャールズ・マンソンを演じるのはデイモン・ヘリマンという俳優さん(ほぼ同時期の撮影?)で、どれくらい似ているのかはご自分の目でご確認ください。

 

ページトップへ