このページではJavaScriptを使用しています。

創業95年の信用とネット通販19年の実績 さのや

ブログ記事詳細

投稿日:2019年03月21日

真珠の話

こんにちは、本日はジュエリー店のブログ当番日となります。

『K』でございます。

 

 

行って来ました!!

魅惑の島『ミキモト真珠島』!!

8946

 

仰ぎ見て来ました!!

御木本幸吉翁!!

8947

 

海女さん(じぇじぇじぇ)の実演に始まり

 

8970

※極寒の鳥羽湾です

 

一度、綺麗な実物を見てみたかった『アバロンパール』

8948

 

アワビ貝の真珠需要と螺鈿(らでん)需要は歴史が古く

古事記にも記載が有り(~712年)『斯良多麻(しらたま)』

日本書紀(~720年)には、『婀波寐之羅陀魔(あわびしらたま)』

『真珠(しらたま)』との表記が散見されます。

 

因みに、日本の誇る『アコヤ真珠』は、少々時代が下って

古今和歌六帖(~984年)に、『あこやだま』として登場しています。

 

また食用需要に対しても、『アワビ貝』の利用率の方が圧倒的に高く

※例:熨斗鮑など

元来、歴史的には『本真珠』とは上記のアワビ真珠を指すものと言われています。

 

今では、商品流通も滅多になく、あっても養殖の半円タイプとなる為

(それでも上質な物はまず見かけないです)

話には聞いていましたが、色艶はかなりの魅力でした!!

 

また『コンクパール』も展示されており

8950

8949

 

これほどの直径と色合いだと、価格が創造もつかない程の高価な品物です!!

 

本題の真珠を見るまでに、マニアックながら希少な真珠に目が行ってしまい

時間がいくらあっても足りません!!

 

ギリギリで間に合った『真珠定食(アコヤ貝の料理3品)』に舌鼓を打ちつつ

8972

8973

8974

 

大満足で帰って来ました!!

 

ただ・・・まだ見れていないコーナー多数!!

あと2~3時間は欲しい所です!!

 

 

東京からのアクセスは、新幹線で名古屋まで1時間40分

名古屋から鳥羽まで、快速鳥羽行きで1時間40分

鳥羽駅から徒歩5~10分程・・・合計3時間30分ほどと意外と近いです!!

(近い?)

 

オススメの観光スポットでした!!

アコヤ貝は、話の種に食べる価値ありです!!

ページトップへ