このページではJavaScriptを使用しています。

創業95年の信用とネット通販19年の実績 さのや

ブログ記事一覧

【 2010 6月】の記事一覧です

12

投稿日:2010年06月07日

いらないものは、○○○に売ろう

いらないものは、○○○に売ろうというコピーが昔、名古屋圏でありました。

他社さんのコピーです。

テレビ・ラジオで、地元の人にはかなり浸透しています。

実際、質屋という概念を知らなくても、○○○は知っているという人がいるというのもけっして過言ではありません。

わかりやすいコピーでいいと思うのですが、このコピーだと商品にならないものも持ち込まれて困ったという後日談をその後読みました。

なるほど。

普段、古物商的な感覚だと、とりあえず漠然とした商品の範囲のイメージがあるわけですが、一般の方だとそういうのはないでしょう。

いらないものと言われると、素直に考えると、確かに本当にいらないものを思い浮かべるかもしれません。

自分だと、そうですね。物質的なものより、文学的なものを思い浮かべるかもしれません。

記憶とか思い出とか。

普通、そういうものは現金化はむずかしいです。

完全パッケージ化すれば、もしかしたら本にすることはできるかもしれませんが。

一般的に古物商に相談すべきものではありません。

いらないものは、○○○に売ろう(※ただし、文学的な概念をのぞく)。

 

ページトップへ

投稿日:2010年06月05日

6月6日

明日6月6日は日曜日です。

さのやは駅前店・モノグラム館の2店だけの営業となります。

明日が日曜なので、私が毎年6月6日に書いている話を本日したいと思います。

6月6日の話。

私はわりと科学的な考え方をする方だと自分で思っているのですが、一つ、思い込みがあります。

それは、6月6日は雨が降る。

気のせいとも思うのですが、いつからか、6月6日は本当に雨が降ると。毎年そう思っています。

さて。ここで、6月6日は本当に雨が降ると言われても、何に対しての本当なのか、ピンとこない人もいると思うので、一応、説明を。

そういう絵描き歌があるじゃないですか。あるんですよ。

♪6月6日に雨ザーザー降ってきて~と。

知りませんか。このへんで、世代の違いが出るかもしれません。

じゃあ、ドラえもんの歌なら知ってますか?

♪6月6日にUFOが~あっち行って、こっち行って、おっこちて~と。

ドラえもん派の人は、明日は気をつけてください。UFOが落ちてきます。けっこうな大惨事が予想されます。

それを回避するためには、雨ザーザー降ってきて~派になることをおすすめします。

ページトップへ

投稿日:2010年06月04日

言葉を失う

6月の第1日曜はプロポーズの日で、それを前に第4回プロポーズの言葉コンテストの入賞作品が発表されたそうです。

最優秀賞は「ぼくに毎朝、お味噌汁をつくらせてください」。

その他の優秀賞は「実はできちゃったの。・・・あなたを永遠に愛する気持ち。だから私と結婚してください」。

「この銀河系に一人しかいない君と結婚したい」。

・・・・・・。

・・・・・・。

・・・・・・。

( ゚д゚)ポカーン 。

ページトップへ

投稿日:2010年06月03日

消費税10%

そのうち消費税も上げないといけないのだろうという空気がだんだん広まってきています。

今、消費税撤廃とか言うのは、むしろ、うさんくさい。

消費税10%にする円滑なやり方を考えました。

①まず、消費税20%に上げる。

②次に、消費税10%に下げる。

ダメですか。

インチキっぽいですが、お得感はあると思うんですが。

ちなみに、冗談なんで、採用されたら困ります。

しかし、一律はやめようよという声が何でもっと出てこないのか、今一つ不思議です。

物以外でも、曜日とか時間で変えてもいいんじゃないですか。

タイムサービス。

雨の日サービスとか。

お店屋さんのネタですが、買い物なら、それでいいんじゃないかとも思います。

各小売店が、どうやってお客さんにお得感を持ってもらって買い物をしてもらおうかと、さんざん頭を使った蓄積がここにありますので。

ポイントサービスもいいんじゃないですか。税金のポイントカード。

ポイントをためる利点があれば、みんな使います。

100万ポイントになったら、以降は税金免除になるとか。

あはは。ただし、100万ポイントは100億円とか。いや。最初はハードルを低くして、その後、うやむやのうちに上げていくとか。

政治はマジメな人によく考えて、やってもらいたいと思います。

ページトップへ

投稿日:2010年06月02日

お通し

首相辞任。

という話題は飲み屋ですればよろしい。ということで、飲み屋の話。

居酒屋で、お通しというのが出てくるじゃないですか。

普段、あれはまず食べなくて、常々いらないと思っていたのですが、入店と同時に「いらない」と宣言すれば出てこないという話を聞きました。

ほう。なるほど。そう言われたらそんな気がします。日本は大体ジェントルな国なので、そのぐらいのことは聞いてくれそうな気がします。

「いらない」と言って、「いや。絶対食べろ」という店はあるんでしょうか。

「絶対食べろ」とは言わなくても、違う言葉で拒絶する、あるいはしたがるところはありそうな気もしなくもないです。

多少、気まずい感じになりそうです。

そういう店にはその後行きたくない・・・というか、その時点で帰ってもいいのか。

なるほど。ならば、まずは、お通しいらない宣言をしてみてもいいのか。

まぁ、面倒なので、まずしないと思いますが。

 

ページトップへ

12