ルビー買取

Ruby

ルビーの色と輝きは一言で「赤色」と表現しきれない美しさがあり、その魅力に取り込まれている方は世界中にたくさんいらっしゃいます。 同じ赤色でも濃淡や明るさなどの微妙な違いでルビーの価値が変わり、一般的に濃くて明るい色が良いとされますが、ダイヤモンドに比べ明確なレベルが出ない為、査定額は会社によって違いの出る宝石です。 さらに質だけではなく、大きさでも価値が変わりますので、今は使わなくなった大振りのルビーも是非ご相談下さい。 また、最近はカジュアルジュエリーも人気なので、小さなルビーを使用していても強化買取り致します。 7月の誕生石にも指定され、需要が多いので高価査定が期待出来る宝石です。

ラテン語で『赤』を意味する宝石『ルビー』 『コランダム』と言う鉱物の中でも、特に『赤い』物をルビーと呼び、その他の宝石質のコランダムは『サファイア』として分けられております。 古くは、ビルマ(現ミャンマー)産のルビーが珍重されており、その鮮烈なレッドカラーをして『Pigeon blood(ピジョンブラッド)』と賞賛し、非常に高額な価格を以て取引きをしていました。 古代からルビーは宝石として珍重されておりましたが、その名が定着し、流通の際に認識されるのは、歴史的には中世以降とされております。 更に後代(1783年)になって、赤く輝く『ルビー』が『サファイア』と同じ鉱物と判明しました。 その後、鑑別技術の向上により、サファイアとルビーの区分がより明確になり、その希少性と魅力が更に評価を受けました。 世界4大宝石にも数えられ、白く煌くダイヤモンド、青く輝くサファイア、鮮烈な緑のエメラルド、そして情熱的に赤を灯す『ルビー』として、世界中の人々を魅了しています。 『さのや』では、その豊富な『買取実績』を元に、ご自宅に眠るご不要になったジュエリーに、『高額査定』を実現しております。 是非一度、さのやへご来店下さい!!

宝石・貴金属を高く売るポイント!!

ルビーの買取価格相場

【中古Aランク】(多少の小・中傷あるが程度の良い商品)から【N】ランク(全くの新品で未使用製品)までの 買取価格です。


只今情報追加中です。