エメラルド買取

Emerald

宝石以外でも、様々な事に比喩されるエメラルド。 それだけ知名度が高く、だれもが高価な宝石と知っています。 エメラルドは元々内包物が多く、硬度も低いデリケートな宝石となりますので、宝石内ににごりがあったり、表面に傷がつきやすくなっております。勿論内包物が少なく、傷がない方が査定額は高くなりますが、そのような宝石だからこそ、多少状態が悪くてもきちんと値段を付けられるのがさのやです。 小さいものから大きなものまで、常に買取り強化を行っておりますので、気兼ねなくご相談下さい。 また、エメラルドだけではなく、その周りについているダイヤモンドや地金も買取り金額に反映いたしますので、タンスの肥やしにして劣化をさせる前に是非お問い合わせ下さい。

紀元前2000年前、又は、更に古く4000年前からとも言われている人類とエメラルドの関わり、最古の文献は『古代バビロニア』に求められ、同じく紀元前の比較的新しい文献でも、その存在を確認する事が出来ます。 著名なのは、世界三大美女の一人『クレオパトラ(クレオパトラ7世=フィロパトル)』によって寵愛され、伝説的に語り継がれていた『クレオパトラ鉱山(後に、実在と判明)』や、暴君として悪名高い『ネロ(ローマ帝国第5代皇帝ネロ・クラウディウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクス)』の『タブレットエメラルドの眼鏡』の伝説などがあります。 鉱物名は、『ベリル(Beryl)』と呼ばれ、『アクアマリン』や『モルガナイト』がその同鉱物の別色の宝石名となっており、鉱物名の語源については、ギリシア語で『青緑色の海水のような貴重な石』を意味する言葉に求められ、宝石名の『エメラルド』も同じく、『緑の石』を意味するサンスクリット語(梵語)由来と言われております。 紀元以降では、トルコの『トプカプの短剣(1740年頃の製作)』の名品が知られており、古くから権力を象徴する、鮮烈なエメラルドグリーンが珍重されてきました。 その輝きは、上記のように世界中で愛されており、4大宝石にも名を連ねております。 カラーストーンは、評価基準が世界的に確立されておらず、その『買取』基準についても、高い見識が求められます。 『さのや』では、豊富な『買取経験』を元に、適正にして『高価格』な買取りを実施しておりますので、ご自宅のジュエリーケースの中のエメラルドも是非、一度査定にお持ち下さい!!

宝石・貴金属を高く売るポイント!!

エメラルドの買取価格相場

【中古Aランク】(多少の小・中傷あるが程度の良い商品)から【N】ランク(全くの新品で未使用製品)までの 買取価格です。


只今情報追加中です。